採用情報

ユニシスリクルートマガジン

  • ユニシス新人社員の本音
  • ユニシススタイル
  • ユニシス仕事哲学

今回は、入社して2年目と3年目の新人さんおニ人に、ユニシス社内のことや現在の心境など、「本音」を聞き出してまいりました。2〜3年目といえば、学生のころと比べてそろそろ自分の成長を実感している頃。さてさて、どんな話が出てくるのでしょうか?

今、お二人はどのような仕事をされてるんですか?

野崎
作図ツールの開発にたずさわってて、プログラミングやテストを行っています。他にも委員会や入社前研修の担当もしています。

下西
僕はJSPによるウェブアプリケーションを開発しています。先日、初めてお客様との打ち合わせに参加したのですが、実際にお客様を前にすると緊張してしまって、何度も上司の方にフォローしてもらいつつ、という感じでした。何回か経験するうちに慣れ、緊張も少なくなってきましたけれども。

もう、実作業に入っていってるんですね。とすると、入社前に思っていたことと違うことがあったりしませんか?

野崎
入社前は、この業界って一人で黙々と作業をするイメージがあったんですけど、実際にプロジェクトに参加してみると、チーム内でのミーティングとか、お客様との打ち合わせとか、人とのコミュニケーションを取る機会が思っていた以上に多くて驚きました。

下西
僕も一人で作業する印象を持っていましたけど、人との関わり合いの多さが意外でした。

職場の雰囲気はどのような感じですか?

下西下西
野崎さんの話にもありましたが、ミーティング中は活発に意見が飛び交って賑やかです。けれども 普段は作業に集中しておられるので、フロアは静かなことが多いですね。

残業は、普段から多かったりしますか?

野崎
スケジュールが遅れていたら必要に応じて残業、ということもあります。納期前だったり、プロジェクトの状況によってですが、他の月に比べて残業が多い、というようなこともあります。ですが、必要のない残業はしません。

この業界では女性社員が少ないイメージがありますが、ユニシスではどうでしょうか?

野崎
やはり他の業種に比べると女性社員は少ないですが、それほど気になりません。支店に何人か女性社員の方がおられるので、お昼を一緒に食べながら話をしてます。

女性の方は出産や育児と仕事の両立ついて気になると思いますが、ユニシスはそのような点はどうなのでしょう?

野崎野崎
ユニシスには育児休職から復職された先輩が何人かいます。出産したら、会社を辞めなければならないという雰囲気はありませんし、時短勤務を活用して、仕事も子育ても頑張っておられます。

先輩や上司の方々にはどのような方がいらっしゃいますか?

下西
仕事の面では厳しい方ばかりですね。場合によっては、叱られることもありました。でも、飲み会とか仕事から離れた場では、趣味の話等で盛り上がったりと、和気あいあいな感じですよ。決して厳しいだけじゃない...と思ってます。

野崎
問題解決能力を養うために自分で調べることを勧める方、仕事を効率的に進めるために質問したことを教えてくれる方など教え方は様々です。皆さん、何らかの形で仕事を進めるための方向付けをしてくださるので、仕事がしやすいと感じています。

今までは会社の雰囲気などを伺いましたが、今度は入社前や入社後の事について聞きたいと思います。ユニシスには入社前研修があるとうかがったのですが。どんな研修を受けたのでしょうか?

野崎野崎
フローチャートを作成したり、C言語を使って、簡単なプログラムを作りました。私はプログラミングは未経験だったのですが、研修担当の先輩方に教えていただいて、なんとか完成させることができました。

未経験の方にプログラミングは難しいという印象がありますが。

野崎
確かにそういう印象はあります。私もそう思っていましたが、先輩方もサポートしてくださいますし、不安がらなくても大丈夫です。

入社後にも研修はあったんですか?

下西下西
ありました。入社前研修から進んだものを学習したり、Javaを使ったプログラムの作成を行いました。入社してしばらくは同期の人と一緒に研修を受けていて、コードレビュー(*)を一緒に行ったのですが、他の人のコードを見るのは勉強になりましたし、いい刺激になりました。
(*):自分の作ったコードを他の人にチェックしてもらうこと

野崎
私の場合は、入社当時に配属先のプロジェクトの納期が近いということもあってか、すぐに作業を任されました。

研修や実作業などを経験したりして、もう2年・3年と経つわけですが、以前の自分と比べて変わった、なんていうところはありますか?

野崎野崎
生活面では、学生時代に比べて規則正しい生活になりました。仕事面では、自分の作ったものがお客様に使われると考えて、より仕事に緊張と責任を感じるようになりました。

下西
僕は時間の使い方を気にするようになりました。働き出すとやはり思うように自分の時間が取れないことが多いのですが、生活にメリハリをつけ、上手く時間を使って自分の時間を作るようにしています。また、一度設計からテストまで自分でやってみる機会があったのですが、これは学生のころなら、完成させられなかったと思います。かなり試行錯誤しましたが、学生時代に比べて力が付いたと実感できました。

最後に、新卒採用を希望される方々に、メッセージやアドバイスをお願いします。

野崎
自分の行動に責任を持つことが大事だと思います。もう一つは、わからないことや不明な点は納得するまでしっかりと確認することです。大勢の人が携わるプロジェクトにおいては特に「報告・連絡・相談」は重要ですね。

下西
背伸びをせずに、自分ができないこと・わからないことは素直に言う方がいいです。先輩方も親切に教えてくださいますし。ただ、自分ができることや少し調べればわかることは、自分でやったり調べることも大事です。

野崎
あと、旅行は学生のうちに行っておいた方がいいです。社会人になると、なかなか長期休暇が取れないので…

学生のうちにやりたいことはやっておいた方がいいということですね。お二人ともありがとうございました。

野崎下西

下西さんのとある一日

9:00 出社
メールチェック、昨日までの作業内容の確認、今日の作業内容の計画などを行う。また後輩の進捗なども確認する。
10:00 チーム内ミーティング
チーム内で昨日までの進捗報告や本日の作業内容、連絡、問題点などの報告を行う。
11:00 打ち合わせ先へ
お客様との打ち合わせ用の書類やデータを準備する。その後、お客様の会社に伺う。移動中は打ち合わせの最終確認や開発言語の勉強をした。
12:00 お昼休み
お客様の会社近くのお店で昼食をとる。
13:00 打ち合わせ
作業の進捗状況の報告や、現状の動作デモを行い、お客様に見ていただく。その結果、状況の把握をしていただいたり、改善要求をいただいた。
15:30 帰社/再度、社内ミーティング
打ち合わせで確認したことの整理を含めて、議事録の作成を行う。その内容から、今後の作業内容についてチーム内で摺り合わせた。
16:00 技術情報の調査・確認
先の内容について、技術面などから実現可能性を調査した。また、お客様に把握していただくためのサンプルアプリなどを作成した。
18:00 業務終了
予定と実績を見比べ、今日一日の作業内容について整理した。
18:30 退社
先輩のお誘いで、飲みに行きました。

野崎さんのとある一日

9:00 出社
メールのチェックと今日の作業内容の確認を行う。
10:00 チームミーティング
会議室でチーム内の進捗報告や、作業確認、情報共有などを行う。
11:00 お客様との仕様調整
TV会議や電話等で、お客様と仕様の調整を行う。
12:00 お昼休み
会社の近くの新風館やSTARBUCKS、本屋に行き、ゆっくりお昼休みを過ごす。
13:00 仕様書の作成
お客様と調整した内容を受けて、仕様書を作成する。
14:00 プログラミング
仕様をしっかり把握・理解した上で、実装計画を行い、コーディングする。
16:00 進捗確認
予定通りに作業が進んでいるか、途中で進捗状況を把握する。少し予定とずれてしまったので、先輩に報告・相談する。
18:00 業務終了
今日の作業を整理し、明日の作業の計画を行う。
18:30 退社
会社帰りに友人とご飯を食べに行く。

ユニシスリクルートマガジン

  • ユニシス新人社員の本音
  • ユニシススタイル
  • ユニシス仕事哲学
ページの先頭へ